深海

<あらすじ> ――死に損なった深海に私は失望した。 希死念慮に彩られた美少女、深海。 深海と書いて「フカミ」と呼ぶ彼女に私は酔狂していた。特別な彼女に羨望しながら己の歪んだ醜さに苛まれる。自殺を失敗した深海を許せなかった

0425,0426,0427,0428,0429,0430

月曜日から金曜日、以下のことを行っていました。 ・映画(インド映画にハマる) ・筋トレを始める(おかげで最近は毎日腹筋が痛いので笑ったり咳をすると死ぬ) ・折本イベントの準備 ・小説を書く ・仕事 ・自己分析 インド映画

0423,0424

病みが天元突破すると人は腹痛で死ぬ。生理痛なのが腹を下した腹痛なのか分からず、ほぼ寝ていた。定期に来る会社のラインに女神対応する為に真顔でにっこり笑う絵文字を打ち込む。 こんな悪意や惰性が透けて見えるような行動、いつか罰

0419,0420,0421,0422,

記憶ないな。毎日しんどくて死にたみに溢れてます。病んでる。 生き甲斐がないから犬を養っていけばいいかと、血迷ったことを考えました。絶対裏切らない存在が欲しいなんて臆病者でしかない。もう裏切られるとか無理ゲーなんですよ。で

0416,0417,0418

日々部屋の中で代わり映えのない生活をしている。外出も怖いし引きこもりも飽きたし、水曜日と土曜日は晩酌オッケーにしたら土曜日の夜、何故か漠然と死にたくなったりする。多分、見てきた映画やドラマに精神が引っ張られているのだろう

0414,0415

0414 思い出して書いている日記だからライブ感が欠けている。でも最近はラインやメッセージも直ぐに返信をしないといけない世の中なので、日記くらいライブ感なんていらない気がするからこれでいいか。 コロナウイルスの影響で作ら

0413

月曜日。在宅勤務の私も仕事をする日。仕事をしました。 雨だったけど、職場へ行き忘れ物を取りに行きました。電話番している先生にお菓子の差し入れを買って、サラッと物だけをとって帰りました。 雨で寒かった。帰り、少し遅めの昼ご

0411,0412

0411 先日サボった仕事をした。それから小説のプロットを書いたり、買い物に行きアイスを作ったり。 飾っていた薔薇のブーケが枯れてきたので、新しい花が欲しくて花屋を探したけれど、緊急事態宣言の影響で知っている花屋は閉まっ

0409,0410

0409 木曜日、休園の為に色々な仕事を急にやらないといけなくなったので忙しかった。うっかり一時間もサービス残業をしてしまった…… 「みんな頑張っているから」という同調圧力がどうしても嫌いなのですが、世間が大変だし、大変

0408

エッセイではないただの日記はあまりに頭を使わないから気楽に書ける。 今日は在宅勤務なので、ゆっくり朝からシーツや掛け布団カバーを洗濯したり朝昼晩を自炊して穏やかに過ごせた。こんな穏やかなのは久しぶりだった気がする。 仕事