【小説】少女A

<あらすじ> 

鬱屈とすごす「僕」の前に少女は現れた。少女は無邪気に僕を振り回す。僕は少女の中に空虚を暴き破壊してくれる女神を見いだそうとした、秋雨に打たれた孤独の話。10月の海をテーマに執筆。アンソロジーに寄稿。

ブログランキング参加中

クリックして応援して頂けると喜びます(*'ω'*)

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です