女神対応とセルフメディケーション

・用意するもの……便箋、封筒、1000円札(気持ち程度のお金、無くても良い)

やり方

①手紙に過去に起きた悲しかったこと便箋に書く。事細かく、自分の感じたままに書く。(~が~をしてくれなかったとか、あいつが憎いとか負の感情も気にせず書いていい。)

②自分がどんな風に今まで頑張ってきたか、こんな風にしたかったなってほしかったなど願望も書く。(叶う叶わないとかは一切考えずただひたすらに理想を書く)

③思いの丈や忘れたいことを書ききったら便箋を畳み封筒にいれる。この時に「これを封筒にしまったら私の記憶から消える」という自己暗示をかける。とにかく強く思い込む。(これを忘れても自分は生きていけるから今は忘れても構わないとか、上手く自分を騙して忘れる系の自己暗示をかけてください)

④用意したお金も入れて封筒に封をしてどこかにしまう。(捨てても構わないけど、私はしまいこみました)お金を入れるのは忘れることで罪悪感を軽減させたり、これを誤って読んだ人に対しても少しの謝罪、神さまに願った対価のような意味合いを私は込めました。

以上になります。

私はこれのおかげでだいぶ気分転換になったし、書いた内容はほとんど綺麗さっぱり忘れいます。みんなが成功するかは分からないけど、私はこれで前より生きやすくなったと思う。

完全に忘れたくはないけど、BUMP OF CHICKENの「RAY」という曲で

〇×△どれかなんて 皆と比べてどうかなんて
確かめる間もないほど 生きるのは最高だ
あまり泣かなくなっても ごまかして笑っていくよ
大丈夫だあの痛みは 忘れたって消えやしない

と、歌ってくれていたから多分大丈夫なのだと思う。

あと吃音症と不眠、PMSについては心療内科を受診しました。社会不安は強くなってて吃音症は悪化していたし、PMSで月の半分は情緒不安定がひどいことも不眠症も治療できるなら治療することにしました。(不眠が特に顕著になり観念したって感じもある。寝たくても寝れないのは辛い)

ブログランキング参加中

クリックして応援して頂けると喜びます(*'ω'*)

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

女神対応とセルフメディケーション” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です