女神対応とセルフメディケーション

心療内科は「吃音症」の文字がサイトに有るところを受診しました。吃音症は治療方法がないけどサイトに表記してあるだけで、少しでも理解されやすいのかなって希望を抱いてました(笑)心療内科の先生はイケメンだし、吃音症のことも理解してくれていて当たりかもしれません。

そこで「社会不安」を軽減させる抗不安薬(吃音症も社会不安が収まれば良くなるかもしれないとのこと、この薬でPMSの情緒不安定も解消されるかもしれないらしいです)あとは不眠症を改善する薬を処方してもらい、今は2週間ずつ通っています。

前ほど心療内科の薬に抵抗が無くなったのは、もうひとりではどうにもできないと悟ったからです(笑)寝れないことが辛すぎたし、今回の女神対応の一件も情緒不安定や過去への劣等感などもあったので、周りに迷惑をかけるなら薬でどうにかしたいと思った。目が悪い人は眼鏡をかけるし、高血圧の人は血圧を下げる薬を飲むし、精神的に弱いなら薬で生きやすくすればいいのかなって思うようになった。私はこれから先ずっと西洋医学に縋ってしまうかもしれないけど、それでも生きていたいみたい。

あと自分で出来ることを心掛けました。無理をしないとか、睡眠時間は絶対キープする、湯船に浸かりマッサージをしたり、心が辛い時はSNSをみないとか。自分がHSS型HSPだと知ってから、ストレスを溜めない様にすることにしました。無理すると自律神経もすぐおかしくなるし。適度な運動と食事(最低限)ね。食事がストレスになることがあるから思い切って朝ごはんを食べるのやめたら気分が楽になった。

それに色々焦って書いた物語が傑作になるとは限らないと気付いたので、同人趣味で自分を苦しめない様に気をつけようと思った。好きだからとことんやりたくなっちゃうんだけど、それで身体を壊したら何にもならないから、私のペースで執筆もしていこうと思います。

女神対応に関しては一応答えも出せました。

ブログランキング参加中

クリックして応援して頂けると喜びます(*'ω'*)

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

女神対応とセルフメディケーション” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です