女神対応とセルフメディケーション

神さまというのは国が民衆を体よく支配するために生まれた存在だった。高天ヶ原も存在しない。でも人間は弱いから、宗教を政治に利用したりしながらも縋り、祈り願いながら人間は生きている。自然現象やウイルスなどの脅威に怯えた人間には、その脅威はおきた理由や原因は必要だった。原因が分からないことを「神さまを怒らせた」という理由付けをしていたのだと思う。

現在は様々なものが解明されていて、良い行いを「神対応」などといったりして、人道的な行動をすることが「神対応」なのだと思う。職場における「女神対応」なるものも人道的な行いをすればいいのだ。ただ職場における人道的な行いには打算や搾取があったりしてとても綺麗なものには見えないけれど、資本主義だし人間なんて弱い生き物だし。私自身がとても傲慢で自分勝手な人間だけど性格は受け入れるものだってアイドルが歌ってたから私も他者の性格を受け入れられるようになれば少しは生きやすくなるのかなって思いました。

(最近はまっている大森靖子ちゃんが「共犯者」としてプロデュースしているアイドルグループ『ZOC』の巫まろちゃんのソロ曲)

一応女神対応の結論は私なりにつけれたし、よく眠れたり毎日リラックスして生きることにしたら今までより少しは呼吸がしやすくなった。抗不安薬も効いていて、前より笑って暮らせるようになった。(職場であまり笑わない人間だと思われていたらしい)

それにツイステッドワンダーランドというアプリの推し「アジーム家の息子カリムくん」が大好きになってしまい、推しに課金するためにお仕事のモチベーションも上がりました。アプリのホーム画面にいるカリムくんに「お前の笑ってる顔好きだぜ!」って言ってくれるから、嬉しくて笑ってるだけなんですが。(いいカモだと友人に言われてるけどその通りだけど幸せだからOKだと思ってる)

色々長くなりましたが、最近の私は元気だということです。自粛期間も自分なりに有効的に使えたと思います。

これから世界がどうなっていくかは楽しみでもあり不安でもあるけれど毎日を楽しく過ごせればいいな。仕事復帰したばかりの人も多いと思うので、お互い無理せず働いていこうね。

また書きます。読んでくれてありがとう。またね!

ブログランキング参加中

クリックして応援して頂けると喜びます(*'ω'*)

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

女神対応とセルフメディケーション” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です