君と生きたい、やさしくなりたい

斉藤和義・やさしくなりたい

最近はショッキングなニュースが多い。

西日本の豪雨や一週間で情勢がすぐに変わってしまう新型コロナウイルスの話。日本の政治の話や人種差別問題、ミソジニーの話題や好きだったアイドルグループの活動休止の話とか、上げるとキリがないくらいショッキングな話題ばかりだ。きっと歴史の転換期にいるのだと思う。

そして今日、学生時代に好きだった俳優さんが自殺したというニュースを見て、もうダメだと思った。ニュースを見るのがつらい。悲しい。

これらのニュースを見て自分が無力感を感じるなんて、自分自身の驕りでしかない。自分を何様だと思っているのだろう。恥ずかしい。自分が他者の為にどれだけ行動が出来る人間かを自覚しないといけない。それが自分と他人を守ることに繋がるから、間違えてはいけない。そうやって自身を叱咤しないと、やっていけない。私は自分が思っているより強い人間ではない。

それでも無関心でいることや、他国の話でも知らないでいることが一番酷いと思うからニュースは欠かさずに見ていたけど、自殺のニュースで心は折れた。

自殺はショックだった。人身事故で遅延するとか、自殺なんてそう珍しい話ではないのに、何が悲しくて死んでしまったのかと考えずにはいられない。何が彼を苦しめたのだろう。名前と顔の知っている他人の死はこんなにもつらいなんて。

新型コロナウイルスの感染者数も増えている。検査数が増えているから当たり前なのだと思うのだけれど、そのニュースから垣間見える日本の政治家たちは本当に国民のことを考えているのだろうか不安になる。怖い。もしかしたら、誰も私たちのことを守ってくれないのかもしれない。そんな気持ちになる。

怖い話を聞かないようにニュースを見るのをやめるしかこの不安に抗う方法が分からない。私はやはり強い人間ではないのだと自覚する。

今月はボーナスが支給される。こんな世の中だからボーナスはほぼ0だと思っていたのに、想像より多くて驚いた。貯金も少ないから助かるが、今年はボーナスのうち少しくらい何処かに寄付しようと思う。

偽善的だと私も思う。でも、今の私はこれくらいしかできることが思いつかない。私は医者じゃないし看護師でもない。苦しんでいる人を直接的に助ける術はない。

それでも、何か出来ることがあるのかもしれないと思いながら、周りの人たちには出来るだけ親切に、ニュースを見るのを極力控えて暮らす。経済を回すこともできることの一つだと思う。新型コロナウイルスの感染を拡大しないように自分が罹らないようにするとか、やれることをやるしかないのだと思う。

亡くなった方のご冥福と、傷ついた人の心や身体が癒えることをお祈り申し上げます。早く穏やかな時間が帰ってくることを願います。

ナカタ サキ

ブログランキング参加中

クリックして応援して頂けると喜びます(*'ω'*)

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です