「お兄ちゃんが結婚するから私も結婚しよう~っと」

怠い身体を引きずってスーパーへ買い物へ行った。

近所の大きなセイユーは同じ建物にドラッグストアコーナーもあるから、買い物を一度に済ませたい時はセイユーに行く。安いし。ただ商品の種類は少ないから基本的に緊急の時、今日みたいな体調が悪い時に使うことが多い。

貧血の薬と、ついでに天気による体調不良に効くとTwitterでバズっていた漢方を買ってみた。そろそろ梅雨は明けるが、金曜日を貧血や天候による自律神経失調症のどちらかが原因で起きたであろう目眩がひどく立って入られなかったので早退してしまった。迷惑や心配をかけてしまったので、薬でどうにかなるものならどうにかして、月曜日は絶対に出勤したい。

今の会社は上司の性格にちょっと難有りだが、それ以外はホワイト企業と言ってもいいくらい良い待遇で働かせて貰っている。体調不良で早退もできるし、みんな心配をしてくれる。いいところに勤められていて感謝をしているから、なるべく迷惑をかけたくはないのだが如何せん、ブラック企業時代に壊した身体の壊れた部分は調子が悪いままだ。

仕事は割と好きな方だし、今の仕事は天職だと思う時があるくらい楽しく働いている。出世してバリバリ働いて稼ぎたいと思うこともある。ただこのすぐに体調を崩す身体でバリバリ働くのは酷だし、HSS型HSPでもあるので睡眠時間はキープしないと体調を崩しやすい。

気持ちと反して、身体はバリバリ働くことにあまり向いていないのだと気付いて、ちょっと溜め息を吐いた。人生って上手くいかないな~と思うけれど、そうなってしまったなら仕方ない。

「なるようになる」と高を括っていくしかないし、それが大人の矜持なのだと最近は考えるようになった。なりたくなかったけど、もうとっくにいい歳の大人なのだ。

夕食を作るのは厳しかったから、夕食は惣菜で済ますことにした。

惣菜コーナーには、淡い栗色の髪をした赤ちゃんがベビーカーの上で遊んでいた。可愛かった。赤子を可愛いというのは人類の種を存続させるために起きる遺伝子や脳の仕組みなのだと思っている。みんながそうではないのだとは思うが、職場で赤ちゃんや小さい子どもと接する時にいつも遺伝子や脳に操られているな~と感じる反面、可愛くて仕方がない。仕事で辛いことがあっても園児をみていると「この子達の為に頑張って働こう」と最後の踏ん張りが効く。頑張る力をくれるから、子どもはすごいのだと思う。

この間、マグロの刺身を届けてくれて兄が年内には同棲している彼女にプロポーズをすると話していた。兄は結婚をするらしい。私は今のところ予定は無いし彼氏すらいないのだけれど、家を建て替えると話していて私は安心した。

前に実家だった兄の家の荷物を片付けに帰った時、以前の父が生きていて家族みんなで暮らしていた家に兄がひとりで暮らしている光景を見て私は悲しくて寂しくてやりきれないくてひとりで泣いてしまった。あの家にひとりで住み続けることは、兄にとっては辛いことなのではないかと考えてしまった。家族といるのが辛くて早々に家を出てしまった私が言えることではないのは分かっている。

将来、家を建て替えてそこで兄が新たに家族を築いて幸せに暮らしてくれれば私は素直に嬉しい。甥っ子や姪っ子ができたら沢山構いに行きたい。体調も悪いし、今の仕事が続けられなくなったら地元に戻って暮らすのもありだとも考えた。

昔から私は兄の真似をするきらいがある。子どもの頃は兄にくっついて遊んでいたし、兄がドッジボールクラブに入ったらドッジボールクラブに入った。ハンドボール部に入ったから私のハンドボール部に入った。兄と違い私は運動音痴なのに。きっと何も考えていなかったし、単純に兄の後を追いかけたかったのだと思う。

だから兄が「年内にプロポーズをする」って話を聞いてから、「じゃあ私も結婚しようかな~」という思考に至った。

いつまでも私はお兄ちゃんっ子だった。そりゃそうだ。家族旅行ではいつも妹二人を差し置いて、私と兄で色々遊んでいたし、大人になっても色々構ってくれる兄は優しい奴だ。(殴り合いのケンカもしたこもあるが、父が亡くなってから兄も父親代わりをしてくれていた部分に会ったのだと思う)

たまに朝5:30に電話がきたり、兄妹で旅行する時に新幹線の時間に間に合わなかったり完璧ではない兄だが根はいい奴だから結婚すればいい父親になるんじゃないかと思う。

私はお兄ちゃんっ子でもありブラコンでもあった。妹も大好きなのでシスコンでもある。とりあえず今年はコロナウイルスで人とあまる会いたくないので、来年辺りから婚活しようと思う。

結婚できなくてもきっとなるようになるから、なるように生きる為に自己管理をしっかりし健康に生きるよう努めようと思います。

ナカタサキ

ブログランキング参加中

クリックして応援して頂けると喜びます(*'ω'*)

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です