折れた心を接ぎ木して、綺麗な地獄で微笑んでみせましょう。

私の地元には桜通りがある。春には桜が咲き誇り、風と共に散っていくなかを自転車で駆けるのが日常だった。(以前に地元アンソロジーに掲載した私小説「白昼夢」に桜の話は書いています。興味があったら是非) 子どもの頃は私は負けん気