文学は希望ではないけど結婚したい。

身体も心もとっくに限界を越えていた。日々を過ごすなか、隣に佇む「死」の影が段々と色濃くなっていた。だが痛いことも怖いことも苦手な臆病さが先行し、ただ壊れていく自分を俯瞰的に、まるで他人事のように眺めていた。 当時は文学に